高専生活終了のお知らせ

一月は行き、二月は逃げ、高専生活もいよいよフィナーレ。
無事、テストが終了致しました。

今日はテストに挑み、クラスの打ち上げバスケに参加し、放送部の皆に予餞会をしていただき、2次会感覚でボウリングに行き、ただ今帰宅という私にしては非常に密度の濃い一日を過ごしました。なんて、私のリアル充実生活報告なんて誰も求めていませんよね。

今日は、私の後悔の話です。
こんな時くらいめでたくいけば良いのですがままならぬもので、こういうときって何故か気持ちが落ち込んできてしまうものです。そういうものです。ままならぬ。

予餞会でたくさんの人に祝ってもらい、最後に色紙とプレゼントを頂きました。
分かりやすい性格ですが、色紙を読み返してうるうる来てるわけです。

思い返せば高校受験に失敗したことから始まった高専生活、私の5年間というのは囮物語の撫子のようすに非常に似ており、嫌なことから目を瞑り、塞ぎ、逃げ、常に自分に都合のいい言い訳を用意し、無意識のうちに自己弁護を行い、自己正当化しながら生きてきた気がします。そんな誤魔化しが通るはずもなく、4、5年できっつい一撃をくらい、ようやく自分というものを少し客観的に見れるようになってきたかな?といった感じです。

そんなわけであまり良い思い出のない高専生活ですが、部活というものは本当に私の支えになってくれ、心の拠り所であるとともに、私が一番笑顔で自分を思いっきり出せる場所でもありました。入部当初は放送部という活動内容に興味がなく、雰囲気で部活を選んだ私に、先輩方や先生は基礎の基礎から番組製作の基礎を叩き込んでくださいました。後輩たちは私を慕ってくれたし、同級生とは卒業しても時々集まりたいと思えるほど、個性派かつ魅力的なメンツでした。つくづく私は「人運」というものに恵まれているな、と感じます。ほんと、行く先々で魅力的な人々に囲まれる運、とでもいうのでしょうか。これは昔からやたら高くて、皆さんが私の支えになってくださっています。

しかし、だからこそ、もっと部活にやれることがあったのではないだろうか、と考えてしまいます。こんな私を予餞会に呼んでくれて、慕ってくれる後輩がいるのに、私はその後輩たちに何が残せただろうか。忙しい、と言いながら建築学科関係のことに傾倒してしまった4年生、就職活動に追われ、卒業製作ともいえる大学Nコンへの出場を諦めた5年生の期間、私はもっとうまくやれたんじゃないだろうか、と考えだしてやまないのです。

いや、遅すぎるなんてことはないかもしれませんね。
今からでも、何か残せないか、少し考えて、学生最後の春休みの糧としてみます。
なんか書いてたら自己解決してすっきりしました。

5年間、人間として社会で生きるために必要なことを高専でたくさん学びました。人と人とのつながりを大切に、人に信頼されるような人間を目指して、社会に出ても誠実に頑張っていこうと思います。私は痛みをすぐに忘れ、都合の良い夢の世界へダイブしがちなので、これだけは忘れないように、胸に刻んで生きていこうと思います。おしまい。



今日のエンディング。
「塔探索もっと上る」というBGMです。本文と全然合っていませんがご容赦を。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

泥&パレス

Author:泥&パレス
~どろ~
響け!ユーフォニアムにどっぷり浸りながら縁側で抹茶でも呑んでいたいと思っていたら、こないだの宇治旅行でほとんど叶ってしまった。
ペンタブのペンだけ無くしたので、アイコンがいつまでたってもこれのまま。

~パレス~
WSの影響をもろに受けラ!を握り始めてから今では気が付くとカラオケでスノハレ踊ってるがにわかラブライバー。ラ!の型多すぎて週一で変わる。
最近の口癖:不純物入れて失敗するの怖い


コメントは勿論、
相互リンクも大歓迎です!

TweetsWind
最新記事
最新コメント
カテゴリ
もきゅカウンター
月別アーカイブ
リンク
バナー
THE IDOLM@STER テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト モノクロミュージアム 幻想人形演舞 TVアニメ『響け!ユーフォニアム』公式サイト
検索フォーム