ぽっぷ いん Q

アローラ!泥小僧です。

ポッピンQ見てまいりました。
一人で行きましたが車内BGMが森川千夏の声優である井口さんのアルバムだったので森川が歌ってる感じがして終始笑顔で運転することが出来ました。いいね森川。さて感想。

ネタバレ・過激な内容を含みます!閲覧はご注意ください。



・ストレートな成長ストーリー!
自分の内面にトラウマやらコンプレックスやらのある5人が異世界に飛ばされ、自分と向き合いながら成長する…みたいなあらすじなのですが、ちょっとむず痒くなるようなまっすぐな台詞が多いですね。調べてみると、小学生~中学生向けのどちらかと言えば低年齢向けの作品のようです。Lostorageやユーフォニアムの表現に慣れている身としては若干の恥ずかしさがあったりしますね。
王道ストーリーゆえに次の台詞が時々予想できてしまったりしたのはマイナスかなぁ。

・プリキュア全50話を2時間にまとめたような映画
登場人物の心の動きが早ーい!早い!早すぎる!
というか心の動きが全体的に描かれていなさすぎる…
尺の都合上仕方ないのかもしれませんが、秘密を抱える主人公の葛藤シーンなどをじっくりやっていないので、和解のシーンで感情移入できなかったのがマイナスです!
最初は仲が悪かったメンバーと仲良くなった描写も足りてないみたい。
元の世界に帰りたくない…みたいな感じのことを終盤で言っていますが、そこまでか?みたいに感じてしまいました。ここら辺はスピンオフなどで異世界での暮らしっぷりをもう少し補充できると名残惜しくなれるのかもしれません。

・キャラのデザインは良い!
ポッピンたち、ズヴィズダーの人のデザインっぽいな~…ってズヴィズダーの人やん!?
どちらかというと敵のデザインがお気に入り。あの猫バスみたいなやつ。

・沙紀ちゃん(CV.黒沢ともよ)
無口キャラ&途中参加キャラというのがあって殆どしゃべりません。
終盤になってようやく喋り始めます。主人公が「はじめて名前呼んでくれたね‥!」みたいなこと言うシーンがありますが、名前以前に会話成立している描写が1シーンしかなかったような気が…
終盤喋ってくれたので僕は劇場で抱え続けていた緊張から解き放たれ涙を流しながらお声を聴きました。
ちなみにユーフォの鎧塚先輩も黄色の声として出演しています。こっちはよくしゃべる。

しかし…
なんでそれまで無言でラスボスの横にいたのに、思い立ったように「私、ダンスが好き!」みたいな情熱的な台詞を口にし出すんだろう‥ユーフォ1期12話久美子のような感情の積み重ねがあって重みを得る台詞だろそれ??
展開が急に見えるのはやっぱりキャラ同士のぶつかり、というか会話自体がなかったからだと思います。ポッピン(同位体)が沙紀ちゃんの気持ちを代弁しましたし、沙紀ちゃん自身と会話している描写は欲しかったですね~

そもそも沙紀ちゃんはなんでラスボス側についたん?
未来沙紀がどうやって来たのかとかどういう経緯で今回の騒動を起こしたのかはこの際置いときます。
沙紀ちゃんの感情!敵と味方の間で揺れる感情!
僕は沙紀ちゃんの感情が揺れ動くさまを表現する黒沢ともよちゃんを見に来たんだ!
ダンスシーンをもっと削って沙紀ちゃん(CV.黒沢ともよ)の感情をなぞれ!(過激派)

・同位体について
心が読める設定いいですね!色々捗りそうです。
捗りそうなんですがあまりこの設定が活きていた感じがしないのが…
序盤に心読んでドヤっただけじゃん‥

『その世界には自分を知っている人がいた―』
ポスターのこれただの同位体の説明?おそらく違いますよね‥
同位体とは結局何だったのでしょう…あの世界にはたくさんポッピン達がいるしどのパラレルワールドの人間にもベースとなる思念体がいて、それがポッピン的な?

ラストでポコンが真っ赤になっていましたが、あれ人間側は心読めてないんだよな?
ちなみにぼくはあさひちゃんの同位体になりたいですね。

・ED前のあれ
みんな現実世界に戻って問題も解決!幸せに暮らしました!
みたいな映像と共にメンバーの幸せそうな姿が描かれている。
しかし本編を見る限りでは主人公の問題以外は解決していない。
これどこかで…
あっ!!!Lostorage incited Wixossの引きと同じじゃん!!!
あれは、ちなすずは幸せに暮らしました。他は知らんけど2期でなんとかするだろ、ピルルクが。ってスタンスだったけれど、これに関してはいいのか…?メンバーのぶつかり合いや悩みへの具体的な折り合いの付け方は必要だったんじゃないの?

・ED後のあれ
あれ見ると見ないじゃ全然話の理解度が変わってくるんだが…EDまで見る派でよかった‥
PVの『これは、僕らのはじまり』ってのも引っ掛かります。
これもしかしてレノが言ってる?
続編前提ってことでいいの?本編割とボロクソ言っちゃったけど大丈夫?続編出る?



容赦ない感想ですがタイミングが悪かったんだと思います。感情のジェットコースターである2016秋アニメの直後ですし、僕がキャラクターの心の動きを描くということに敏感になり過ぎているだけ…きっとそう…
スポンサーサイト

ダンガンロンパ3の感想

続きを読む

帰りの車の中で一人で床バンバンしながら「観にきてよかったーっ!」って騒いでたよね

「ガルパンはいいぞ」って台詞、凄く流行っているじゃないですか。

確かにいい作品なんだろうけれど、皆それを言うために見に行ってる節があるんじゃないか?

とひねくれたことを考えてしまうわけです。

ガルパンの映画見てこれ言っとけばウケる、みたいな軽い感じのノリなんじゃないかと。

結局のところ、ガルパンの映画自体は面白いんでしょうか、神格化され過ぎなのでは。

GHPve2bJ.jpg

というわけで!その疑問を払拭すべく!
ガールズ&パンツァー 劇場版!見に行ってきました!
やったぜ!
ネタバレしない程度に感想書きます!

まずストーリー構成!王道です!奇想天外な要素はあまりありません!
それに、特段泣かせに来ていると感じるシーンもありませんでした。ただ、とにかくテンポの良さと作画が凄まじく良い!常にクライマックスで、クライマックスな日常って感じでした…。

テンポについてですが、彼女たちは実際に戦争をしているわけではありません。
なので、リアルな描写の戦いの中でもキャラクターの行動や発言にゆとりを持たせることが可能で、うまく戦闘中でも視聴者の肩の力を抜いてくれるシーンが入っています。
圧倒的な長さの戦闘シーンでも疲れずに見ることが出来たのは、そのバランス調整が大きいと感じています。日常系の持つ癒し感を違和感なくスッと入れてくれる感じ。血が出たり、死んだり、みたいなハラハラがないのも大きい。

そしてガルパン映画の最大の武器は、あの滅茶苦茶なレベルの作画でしょう。
観覧車のシーンとか飛行機のシーンとか、そして何より戦車のシーンとか、そういった無機物の描き込み、そして動かし方がとてもリアルで、見ていてチャチさを全く感じさせません。カメラアングルもこだわっており、実際にその世界に引き込まれるかのような感覚を味わうことが出来ます。

キャラビジュアルは秋山殿くらいしかキュンとくる子いないなー、と思ってました。
が、見終わったら全員に愛着が沸きました。(ちょろい)
にしてもあの人数がスクリーンで目まぐるしく入れ替わりながらぬるぬる動くので、初見ではほとんど誰が何をしているのかわからない状態でしたね…。カチューシャ可愛かったです。

まとめると、僕はガルパン映画の圧倒的過ぎる作画とリズム、適度なゆるさに首ったけでした!

ガルパンはいいぞ!

あっダンスのゲーム返してねぇ!

どうも泥小僧です。
まずは、響け!ユーフォニアム映画化おめでとうございます。
なんと4/23ロードショー。4ヶ月なんて実質明日みたいなものですからね、ワクワクして眠れません。
テンション上がってアニメ版のPVを見ていたら気になった点がありました。

サファイア1

非常に愛くるしい動きで皆を魅了してやまないサファイア川島ですが、彼女が頭に載せているのはカエルのような謎の生物。こいつは何なんでしょう。

1.サファイアちゃんのペット説
作中で表現することが出来なかったサファイアちゃんのペット。諦念の猫に似た何かを感じます。

2.久美子ちゃんの大嫌いなトビケラを食べてくれる生き物説
久美子ちゃんへの愛情のメタファー(流行語)という捉え方も出来なくもないかもしれません。

3.ヒキガエル説
コントラバスは「弾く」楽器なのでヒキガエルなのでは?えらく安易ですが、上二つよりはマシか。

4.イマジナリーフレンド説
楽器まっしぐらなサファイアちゃんがなぜ一流の高校でなく平凡な北宇治へ?‥闇を感じます。


まぁそんな深い意味はないんでしょうけどね!次いこ次!
久しぶりに最近ハマってる動画でも貼っときます。ぼっちゃけ自分用。ぼっちゃけ。



流石にランキング1位。中毒性高くて素晴らしい。
ごちうさ詳しくないですが、シャロちゃん可愛いよ!



こういうよく分からんの好き。
艦これのアニメは、主題歌と駆逐艦のチョイスだけは完璧でしたね。。。



ほたるん。卓球いてきま!

心なしか久美子多めの感想記事

どうも泥小僧です。
姫路行ってきました!遠いと思いました!
今日はユーフォニアムの感想記事書きます!
ネタバレあり!注意!
画像は全部まとめサイトから拝借したよ!あ○こ便愛してる!

OP&キャラ紹介

ユーフォOP4

主人公。冷めている割に表情の変化が多彩で、見れば見るほどクセになる最高の主人公。
久美子のマウスピースになりたいってコメント見かけたけど、僕はサボテンになりたい。

ユーフォOP3

はづきちゃん。明るく軽く初心者目線のはづきちゃんがいたから最後まで見れた。
ところでOPの名前文字、崩れすぎててはづきちゃんのだけ魔女文字かと思った。

ユーフォOP

OP一番の見どころがここ、なんか手を前に動かすサファイア。
僕はなんでポケモンルビーを買ったんだろう。

ユーフォOP2

意識高い系高性能ぼっちレズノンケ。わけがわからないよ。
とまぁこの4人を中心に物語が展開されていくのです。

ユーフォクレジット

提供クレジット。くるくる回る久美子の周りを音符がファファふぁーんってなってて、右下の3,2,1の音符でスタート。EDである「トゥッティ!」のオフボーカルverが気持ちいい。

ようこそハイスクール
ユーフォ1話

~あらすじ~
主人公、久美子は吹奏楽を高校でも続けることにしたのだった‥

~感想~
普通のヒロインだなー、それにしてもサファイアちゃん可愛い!ってのが第一印象。
天国と地獄が流れた辺りから2話視聴を決意した。
30分が長く感じるけれど退屈でない稀有なアニメで、映画みたいな作りにうっとり。

よろしくユーフォニアム
ユーフォ2話

~あらすじ~
久美子はユーフォニアムを続けることにしたのだった‥

~感想~
久美子が既に可愛い。
ユーフォをなんとなくで続けてて、あっさり他の楽器に移ろうとする久美子のドライな感じが見返すととても懐かしいですね。まだストーリーとしては薄かったけれど、あすか先輩の登場がインパクトあって2話も視聴出来た感じ。ところで久美子、高坂さんの事気にし過ぎじゃない?幼馴染のことかまってあげて?しかしながら、幼馴染に対してツンツンしてる久美子が好きです。

はじめてアンサンブル
ユーフォ3話

~あらすじ~
なんか部の雰囲気が悪くて大変だけど、高坂さんの演奏聞いたら元気出た!のだった‥

~感想~
この一コマの三者三様感すごく好き。
一年生は蚊帳の外、部内のバラバラ感、とにかくリアルに描かれていますね。。。

うたうよソルフェージュ
ユーフォ4話あ
ユーフォ4話b
ユーフォ4話c

~あらすじ~
久美子は中学の時以来気まずかった高坂さんに想いのたけをぶつけるのであった‥

~感想~
神回でした。久美子デフォルメ回。
高坂さんとのやりとりの久美子のテンパリ具合がすごい。声優ってすごい。
久美子をキャラという枠を超えて等身大に感じることの出来る最高の回。

ただいまフェスティバル
ユーフォ5話
ユーフォ5話b
ユーフォ5話c
ユーフォ5話d

~あらすじ~
気持ちが一つになった吹奏楽部、サンフェスは大成功。
そして久美子の心境にも変化が起こってゆく‥

~感想~
高坂さん(以後れいな)と関われば関わるほど久美子の表情が多彩になっていって面白いですね、れいなは序盤の冷めた久美子とは対極の存在でしたからね、もう影響受けまくりです。自分がどうしたいのか、という事に気づき始める久美子を見て、僕自身もいろいろ考えさせられました‥。

きらきらチューバ
ユーフォ6話
ユーフォ6話b
ユーフォ6話c

~あらすじ~
はづきが元気がないので久美子は励まそうと奔走するが‥?

~感想~
私がいますよ!チューバくん‥!
神回。低めのトーンで喋る久美子の声がたくさん聴けて僕は‥ぼかぁ‥!

なきむしサクソフォン
ユーフォ7話
ユーフォ7話b
ユーフォ7話c

~あらすじ~
部長「部員が勉強の為に吹部をやめた!自信なくした!わたし部長やめる!」
芋マドンナ「あなたが引っ張ってきたから今の部があるんだよ」

部長「昨日は休んですみませんでした!」

~感想~
「優しいなんて、他に褒めるところがない人に言うセリフでしょ!?」
ぐさぁっ

この部長の発言や行動の数々がもれなく自分に突き刺さってくるんだよなぁ‥

おまつりトライアングル
ユーフォ8話

~あらすじ~
祭りで恋のトライアングル‥と思いきや久美子は山登りでレズにユーフォ背負わせて背徳感を感じているのであった。

~感想~
上のサファイアちゃん、ちょっと可愛くないですか?
トライアングルの蚊帳の外にいながらぴょんぴょんしているサファイアちゃんを見ているだけでヒーリング効果がありますね。さらにこの後、驚きの伏兵までいますからね。8話のサファイアちゃんのポテンシャル高いです。

ユーフォ8話b
芋マドンナ可愛い。
先輩キャラっていくつになっても先輩でいてくれるから良いですよね()

ユーフォ8話c
リボンがクール先輩のほう向いてるのポイント高い。

ユーフォ8話d
ロリコンスレイヤー琥珀。サファイアと並んでエメラルドスプラッシュかましてきます。

ユーフォ8話え
明るく健気なキャラのお約束ともいえる展開。
誠実と誠実のぶつかり合い。いいですね、こういうの。

ユーフォ8話f
一方こちらは痛いのが好きだのなんかエロいだの誠実とかけ離れた展開。
なんですか、これ(困惑)

ユーフォ8話g
ユーフォ8話h

分厚い内容のくせにストーリーが走り過ぎている感じの無い、いわゆる神回でした。
偶数回はもれなく神回だなぁ‥

おねがいオーディション
ユーフォ9話

~あらすじ~
祭りも終わり部内選考に向けて練習する部員たち。しかしみどりちゃんはどうやら様子が‥?

~感想~
みどりちゃんだけ悩みの描かれ方が雑じゃないですか!?
はづきちゃんのおまけみたいになってるし、キーホルダーあげて解決してるし!
これは2期をやってみどりちゃんにスポットを当てるしかないですよねぇ‥?

ユーフォ9話b
れいなとの夜(意味深)を経験し、大人びた久美子。
淡々としていますが、以前のようなどうでもよさは抜けています。

ユーフォ9話c
珍しい表情の久美子。小さなころからユーフォをやっている久美子ってどこか表情に余裕があったのですが、ここにきて初めて余裕のない表情を見せます。それは決して実力面での、オーディションに落ちるかどうかではなく、そういう方面から追い詰めることで本当にどう転ぶか分からない、手に汗握るオーディションとなりました。

まっすぐトランペット
ユーフォ10話
ユーフォ10話b
ユーフォ10話c
ユーフォ10話d

~あらすじ~
オーディションが終わった久美子は、オーディションに落ちた先輩に呼び出されて‥

~感想~
なんかトランペットのソロ争いの話だった気がしますが、気のせいでしょう。
クール先輩の楽譜への寄せ書きを見た瞬間、色々フラッシュバックしてやばかったです‥
控えめに言って神回‥ってか12話も良かったから、4話以降の偶数回は全部神回‥。

おかえりオーディション
ユーフォ11話
ユーフォ11話b
ユーフォ11話c

~あらすじ~
リボン先輩は芋マドンナ先輩にトランペットを吹いてほしいのだった‥

~感想~
メインキャラたちはずっと夏バテしてます。
リボン先輩、不穏因子ですし叩きたいところですが、いざ自分がこの立場に立って、傾いた吹部を支えてきた憧れの先輩の晴れ舞台が、入部してきた1年生に持ってかれるって、すごく、すごく無力で、メチャクチャ言うしかなくて、やり場に困るでしょうね。自分の理不尽さを一番分かっているのは彼女本人でしょうし、それを久美子に明かしてますし、いっぱいいっぱいな所を見ているとリボン先輩も人間味が出てて好きになってきます。

わたしのユーフォニアム
ユーフォ12話
ユーフォ12話b
ユーフォ12話c
ユーフォ12話d
ユーフォ12話e
ユーフォ12話f
ユーフォ12話g
ユーフォ12話h
ユーフォ12話i

~あらすじ~
久美子が自分と向き合う話。

~感想~
すごい。なんかもうこの1話だけで1クール分くらいの見どころがあった。
こういう回に限って作画もすごい。良い最終回だった。

さよならコンクール
ユーフォ13話
ユーフォ13話b
ユーフォ13話c
ユーフォ13話d
ユーフォ13話e
ユーフォ13話f

12話が最高過ぎて夢見心地のままに終わった13話。
本当に素晴らしい時間をありがとう。
サファイアちゃんの楽譜、はづきちゃんがちゃんとサファイアちゃんって書いてるのと、久美子が「がんばろうね!」しか書いてないのすごく細かくて良いですね。なんていうか、こんなに円盤欲しくなったのは初めてですよ‥流石ユーフォ―‥いやユーフォ‥ごめんなさい‥おやすみなさい‥



すばらしPV。明日も仕事頑張ります!
プロフィール

泥&パレス

Author:泥&パレス
~どろ~
響け!ユーフォニアムにどっぷり浸りながら縁側で抹茶でも呑んでいたいと思っていたら、こないだの宇治旅行でほとんど叶ってしまった。
ペンタブのペンだけ無くしたので、アイコンがいつまでたってもこれのまま。

~パレス~
WSの影響をもろに受けラ!を握り始めてから今では気が付くとカラオケでスノハレ踊ってるがにわかラブライバー。ラ!の型多すぎて週一で変わる。
最近の口癖:不純物入れて失敗するの怖い


コメントは勿論、
相互リンクも大歓迎です!

TweetsWind
最新記事
最新コメント
カテゴリ
もきゅカウンター
月別アーカイブ
リンク
バナー
THE IDOLM@STER テレビアニメ「電波女と青春男」 公式サイト モノクロミュージアム 幻想人形演舞 TVアニメ『響け!ユーフォニアム』公式サイト
検索フォーム